データ処理

 当社はマイクロフィルムの作成を主業務として創業された経緯があり、現在のマイクロフィルムに関わる業務を行っております。現在、マイクロフィルムの劣化が大きな問題となっており、劣化したマイクロフィルムの複製や電子化の業務を実施しおります。また、ラスターデータのCAD化も行っておりますのでご相談ください。

ビネガーシンドローム

 マイクロフィルムは開発当時「100年は保存できる」とさ れてきましたが、マイクロフィルムから酢酸臭がしてきたり、波打ち状に変形を起 こしているものがあります。これはトリアセ テート(TAC:酢酸繊維素)をベース としたフィルムの保存過程で生じる劣化 現象であり、一般に「ビネガーシンドローム」と呼ばれている加水分解のひとつで現象です。変形を起こすと修復不能となるため、マイクロフィルムの酢酸臭を感じた場合は早期に修復を行う必要があります。